関東高等学校アメリカンフットボール連盟
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

8/31 秋季大会についてお知らせを掲載しました。
7/10 「STICKBOWL」及び「New Year bowl」の各地区選抜選手を掲載しました。
 

お知らせ

令和3年8月31日 
関係各位

関東高等学校アメリカンフットボール連盟 
会長  萩原 聡 

全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会予選の延期について

 時下、ますますご清祥のことと存じます。
 本連盟の運営につきましては、日ごろ格別のご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、緊急事態宣言の延長が決定したことを受け、高校生の部活動にも影響が出ております。また、安全対策にご協力いただいているドクターからも、感染の危険性や医療現場の状況等について、情報提供をいただいたところでございます。
つきましては、これらの状況を踏まえて、次のとおり大会の開催を延期いたします。
なお、今後の状況によっては、大会の中止を含めた変更もありうることをご承知おきください。
高校生の安全のため、何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

1 基本的な考え方
  • 練習は、各都府県教育委員会の方針に準じて、生徒の安全を最優先に考え段階的に実施する。
  • 各校の生徒、顧問、指導者が感染症対策をより一層徹底したうえで実施する。
  • 生徒の体力・健康状態を把握し、実施内容と方法を工夫する。
  • 第一学年の参加に関しては、慎重に参加開始の時期を各校で検討する。
  • 部活動の活動内容及び計画については、生徒・保護者に周知し理解を得る。
  • 顧問は生徒の健康観察を行い、生徒自身に体調管理を確実に実施させる。
  • 生徒の安全確保の観点から、適宜活動内容の見直しを行う。
  • チームで共有する用具は、毎回必ず消毒する。
  • ドリンクのボトルやタオル等は、生徒間での使いまわしをしない。
  • 防具は、使用後に必ず消毒する。
  • 更衣室や部室は、定期的に換気するとともに、更衣する際は小グループに分け、使用は短時間にする。
  • マスクは、布マスクやウレタンマスク等ではなく、不織布マスクを使用する。
  • ワクチン接種を受ける。(強制ではない。)

2 練習
 ※日本アメリカンフットボール協会HP活動再開プロトコール参照
  • 各都府県の教育委員会「部活動の在り方に関する方針」を遵守する。
  • 段階的に他校との活動を可とする。(各学校長の許可を得る)
  • 校外での活動を可とする。その際、必ず保護者の同意を得る。
  • コンタクトを行う場合は、飛沫防止用のマウスシールドを着用する。
 ※シールドの定義 フェイスシールドはヘルメットから顔全体を覆うものですが、今回は飛沫防止の観点から口を覆うマウスシールドの着用があれば可とする。今後、「飛沫防止用シールド」と表現する。
  • 全体練習やゲームを行う際は、生徒の安全に配慮し、十分段階を踏まえて行う。
  • マネージャーについては、不織布マスクを着用し、ビニール製の手袋等をして感染症対策をする。
  • マネージャーは、飛沫する笛の使用を控える。

3 大会開催に関しての申し合わせ事項
  • 大会の開催は社会情勢により変わるものとする。
  • 各大会の会場においては、会場校及び施設の使用方法(感染症対策を含む)を遵守する。
  • 地区大会開催は、10月上旬とする。(4週~5週で実施)
  • 試合時間の短縮に努め、1回戦は8分間とする。
  • 地区大会では、キッキングゲーム(キックオフ)は行わないものとする。
  • 全国大会予選開催は、11月からとする。
  • 無観客実施とする。
  • 大会関係者は不織布マスクを着用する。

4 感染症予防に関して
◎ 日常生活での感染予防対策 
  • 3密を回避する(密集・密接・密閉)
  • 不要不急の外出を避ける。
  • アルコール消毒、石鹸手洗い、うがいを励行する
  • 人との身体距離を確保する。
  • 十分な睡眠とバランスのよい食事をとり免疫力を高める。
◎ 各校での選手の感染予防対策
  • 各校に感染対策担当者を配置する。
  • 健康管理票(各教育委員会資料参照)を作成し、体調管理を徹底する。
 ※体調管理票は1か月保管する。試合前に会場にて提出する。(各地区のルールに従う)
  • 選手は、体温を毎日朝晩測定し、平熱を超える場合は練習に参加しない。
  • 登下校時や学校活動中は、不織布マスクを着用する。(体育の授業等の運動中は除く)
◎ 練習時における感染予防対策
  • 練習場所までは不織布マスクを着用する。不織布マスクを保管する際は、ビニール袋等に入れて個人で保管する。
  • 練習前後に、アルコール消毒、石鹸手洗い、うがいを励行する。
  • ヘルメットには、飛沫防止用シールドを着用する。
  • 防具、ダミー等は、使用後にアルコール消毒する。
  • 更衣は、密にならないよう各校で工夫する。
  • ハドルは、不織布マスクを着用するか、ヘルメットを着用して行う。また、身体的距離を十分にとり、短時間に行う。
  • ボトル、タオル等の使いまわしは禁止する。
  • 各個人で除菌シート、ビニール袋を用意する。
  • 大声やボイスは禁止する。
◎感染者、濃厚接触者の感染に関して
  • 各校で感染者が発生した場合は、直ちに学校長及び連盟に連絡する。
  • 衛生局及び保健所や教育委員会へ連絡し指示を仰ぐ。(各都県、各校のルールに従う)
  • 活動は2週間程度停止とする。(保健所等や教育委員会からの指示、各校の方針に従う)

5 大会実施に関してガイドライン
【大会実施の条件】
  • 参加生徒は保護者の内諾を得ている。
  • 学校教育活動が実施されていて、生徒の健康と安全が確保できる。
【試合開始前】
  • 各校は生徒の健康管理票(同意書含)を受付(本部)に提出する。
  • 当日体調が悪い生徒、熱がある生徒は参加させず自宅療養させる。
  • 当日全員(生徒、顧問、指導員他)不織布マスクを着用する。
  • チーム全体で密に行動することを避ける。個人で各会場へ移動する。
  • チームで消毒液等を準備し、こまめに消毒する。
  • 更衣室、トイレは本部役員がこまめに消毒する。
  • ヘルメットには、飛沫防止用シールドを着用する。
  • 練習前、練習中のハドルは、不織布マスクを着用するか、ヘルメットを着用して行う。また、身体的距離を十分にとり、短時間に行う。
  • 大声を出さない。リードボイスを控える。
  • ベンチ入りする人数は、各校で十分感染症対策が行える範囲で決定する。
  • 当番校は対戦校同士で行う。
  • 食事をとる場合は、十分距離をとり、対面にならないよう各校で工夫する。
  ※社会情勢の変化と方向性により変わることがある。

【試合中】
  • 試合中は、なるべく3密が避けられる方法を各校で工夫する。
  • 試合中の声はなるべく出さないようにする。
  • ヘルメットには、飛沫防止用シールドを着用する。
  • フィールド中のハドルは、不織布マスクを着用するか、ヘルメットを着用して行う。
  • ベンチでのハドルは、不織布マスクを着用するか、ヘルメットを着用して行う。また、密にならない工夫をする。
  • 監督、コーチ、指導者等チーム関係者は、必ず不織布マスクを着用する。
  • ハーフタイムでは、生徒の安全確保の観点から、密を避けながらテント内や日陰で十分な休養を確保する。

【試合後】
  • 更衣は、密にならないように計画的に行う。外で更衣できる場所であれば積極的に距離をとって更衣する。
  • ハドルは、不織布マスクを着用するか、ヘルメットを着用して行う。また、身体的距離を十分にとり、短時間に行う。終了後は、素早く解散する。
  • ごみはチームごとに、ビニール袋に入れ持ち帰る。特にマスクやタオル等を会場で廃棄しないように注意すること。

6 感染者が出た場合についての対応
  ※安全対策委員会のガイドラインによる。


【問合せ先】
関東高校等学校アメリカンフットボール連盟
事務局 都立西高等学校      
理 事 尾崎 幸一        
電 話 (03)3333-7771       

 

お知らせ

令和3年3月1日 
関係各位        
関東高等学校アメリカンフットボール連盟 
会長 萩原 聡 
     
    
第47回 関東高等学校アメリカンフットボール大会の対応に関して
                                 
 平素より、関東高等学校アメリカンフットボール連盟にご尽力賜り感謝申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、地区大会の開催も順延になります。
したがいまして、誠に遺憾ではございますが、次年度の「第46回 関東高等学校アメリカンフットボール大会」を下記の通り、生徒の安全を保障できない状況下での大会運営は困難であると判断し、「中止」といたします。
 加盟校、関係者の皆様のご理解を賜りますようよろしくお願いたします。


 1 生徒、保護者、大会関係者の安全の確保
 2 ドクター、救急体制、審判部の確保
 3 練習の不足による、怪我発生のリスク
 4 大会運営上必要な対策
 5 競技の特性における、感染拡大のリスク
 6 地区大会順延による影響
 
 
 ※追記
  各地区大会の対応に関しましては、各地区専門部より連絡をいたします。
  開催回数を「46回」から「47回」に訂正します。
以上 

 

お知らせ

関東高等学校アメリカンフットボール連盟
の公式ホームページです

関東高等学校アメリカンフットボール連盟には常設の事務所はありません。お問い合わせ等 は下のメールでお願い致します
試合結果についてお問い合わせ頂いてもメールでお返事は
できません。ご了承下さい。

   ←メールはこちら


 

お知らせ 安全なフットボール宣言

安全なフットボール宣言

                                
 平素より、関東高等学校アメリカンフットボール連盟にご尽力賜り感謝申し上げます。
 さて、5月6日(日)に行われた大学の定期戦での、反則行為に関して、我々現場指導者も困惑と憤りを感じつつとても遺憾に思います。
 ルールを遵守しアメリカンフットボールという競技を通して、生徒の健全育成を目標に指導している現場においては、理解に苦しみます。
 関東高等学校アメリカンフットボール連盟では、安全対策部を設置し、大会運営に関しては、生徒の安全を最優先に考え、変革と共通理解を図り邁進してまいりました。
 
1.試合時間の短縮(熱中症予防)
2.全試合(地区予選含)ゲームドクター配置(救急体制の確立)
3.審判部との連携による安全なフットボールの構築(ルールの遵守)
4.指導者体罰根絶講習会(暴力根絶)
5.医師会主催の安全対策セミナー(安全なタックル等)
 
【 宣 言 】

①指導者(顧問、監督及びコーチ)は、生徒と保護者との信頼関係を構築し、生徒の健全育成に努めます。
②指導者は、生徒の人権を最優先に考え暴力行為を許しません。
③指導者は、競技力の向上とフェアプレーの精神を備えた人材育成を行います。
④大会関係者は、安全に留意した大会運営に尽力いたします。


 5月26日(土)から6月24日(日)の期間で関東大会を実施いたします。
今後とも、関東高等学校アメリカンフットボール連盟にご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

平成30年5月23日

関東高等学校アメリカンフットボール連盟
東京都高体連アメリカンフットボール専門部
神奈川県高体連アメリカンフットボール専門部
埼玉県高等学校アメリカンフットボール連盟
茨城県高等学校アメリカンフットボール連盟
千葉県高等学校アメリカンフットボール連盟
静岡県高等学校アメリカンフットボール連盟


 

お知らせ 都大会決勝会場決定

4/7 カウンターをリセットしました。
   「248492」の閲覧 どうもありがとうございます。